犬が散歩を嫌がる原因と対処法|散歩が好きになるコツを教えます!
コラム
2020.10.08

犬が散歩を嫌がる原因と対処法|散歩が好きになるコツを教えます!

犬は散歩が大好きなイメージがありますが、なかには散歩を嫌がる子もいます。

愛犬の健康のために散歩に連れていきたいけれど、「無理やり連れていくのはかわいそう…」と感じている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

しかし、犬にとっての散歩は“ 心と体の健康 ”にとっても大切なこと。散歩を嫌がる理由を特定して、散歩好きになってもらうことが、健康でいるためのコツなんです。

愛犬にいつまでも健康で過ごしてもらうために、散歩を嫌がる理由や対処法、散歩の重要性についてご紹介していきます。

犬が散歩を嫌がる6つの理由と対処法

犬が散歩を嫌がる理由は主に以下の6つです。

それぞれの対処法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

①散歩先で怖い思いをした

犬 散歩 嫌い

散歩中に、『大きな音』『犬にほえられる』『急に触られる』など、怖い思いをしたことで散歩嫌いになった可能性があります。

特に警戒心の強い子は、人間にとって些細なことでも、それがきっかけで散歩が嫌いになってしまうことがあります。

~対処法~

まずは安心した環境で散歩ができるように、車通りや人通りの少ない散歩コースを選んであげてください。

車の音や人に慣れてきたら、他の犬と出会える散歩コースに変更してみましょう。日常に溢れる音・人・犬を認識することで、散歩の克服だけでなく、人や犬に対する吠え癖などにも効果があります。

トラウマがある子は、何かの拍子にパニックになって飛び出してしまうこともあるので、人や犬とすれ違う時・大きな音がする場所は、リードを短く持っておくと安心です。

②新しい環境に警戒している

犬 散歩 嫌い

「気分転換に違う散歩コースに連れて行ってあげよう」と、新しい散歩コースに変更していませんか?

良かれと思って散歩コースを変えてしまうことがあるかと思いますが、犬にとっては“ いつもと同じ ”であることが安心に繋がります。

その他にも、散歩デビューの子犬の時期・引っ越しをした直後など、初めてのことや新しい環境に警戒している可能性もあります。

~対処法~

散歩コースを変えてから散歩を嫌がるようになった場合は、元の散歩コースに戻してあげてください。

初めての散歩や環境の変化によって警戒している場合は、外の雰囲気に慣れるまで、庭や家の近くで日光浴をしてみてください。

地面に足をつけることを嫌がることもあるので、抱っこや車で外に出てみるのもおすすめです。

③首輪が痛い

犬 散歩 嫌い

サイズがあっていない首輪や、飼い主さんがリードを引っ張りすぎている可能性があります。

首輪のサイズは、指が1本入る程度のゆるみがあれば大丈夫です。

~対処法~

散歩中の探索モードの犬は、ニオイをかいで情報を収集しています。早く進みたい気持ちもわかりますが、少しの間リードを引っ張らずに付き合ってあげてください。

また、小型犬や気管支の弱い犬は、首輪よりも胴体につけるハーネスの方が、首や呼吸器への負担が分散するのでおすすめです。

④天気や気温

犬 散歩 嫌い

夏の暑さや冬の寒さ、雨や雪など天候が原因で散歩を嫌がっている可能性があります。

夏は、コンクリートの熱で肉球を火傷する恐れがあるので注意が必要です。

また、犬は寒さに強いイメージがありますが、寒がりな犬種(特にシングルコート)もいるので、犬種に合った対策が必要です。

シングルコート

人間の髪の毛と同じ構造。夏毛や冬毛がなく体温調節が不得意で寒さに弱い。

プードル・フレンチブルドッグ・ピンシャー・シュナウザーなどの犬種

ダブルコート

毛の生え方が2重構造になっている。毛の生え変わりで体温調節ができるため寒さに強い。

ダックスフント・ポメラニアン・チワワ・柴犬などの犬種

気温だけでなく、雨や雪で濡れるのが嫌な子もいるので、無理に悪天候の日に散歩に行く必要はありません。

~対処法~

夏や冬は、過ごしやすい時間帯に散歩に行くようにしてあげてください。冬は防寒着があると快適かもしれませんね。

また、雨や雪でも散歩に連れていく必要がある場合は、レインコートや靴などを利用して、快適に散歩ができるように工夫してみてください。

⑤ケガや病気

犬 散歩 嫌い

以前は散歩が好きだったのに、急に散歩を嫌がるようになったという場合は、ケガや病気が隠れている可能性があります。

体調不良だけでなく、関節炎や椎間板ヘルニアで痛みがある・白内障を発症して見えづらくなってきたなど、様々な原因が考えられます。

~対処法~

健康な子はなかなか動物病院に行く機会がありませんが、定期健診を受けることをおすすめします。

犬は我慢強いので、ある程度の痛みなら我慢してしまう生き物です。 いつもと違う と感じた時はできるだけ早く受診しましょう。

⑥老化による体力低下

犬 散歩 嫌い

個体差はありますが、5~6歳(人間で40歳)になるとシニア期・7~11歳(人間で60歳)になるとハイシニア期に突入します。

体力や筋力が低下する年齢なので、今まで通りの散歩コースや時間に、負担を感じている可能性があります。

~対処法~

歩くペースが遅くなるので、愛犬のペースに合わせた散歩を心がけてください。段差や急な坂道は足腰に負担がかかるので、散歩コースを変える・抱っこするなどして対応しましょう。

獣医師に止められていないのであれば、健康のことを考えて、短時間でも散歩に行くことをおすすめします。

犬がどうしても散歩を嫌がる時はどうしたらいい? 

いろんなことを試してみたけれど、「どれも効果がなかった…」とお手上げの飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなワンちゃんにおすすめしたいのが【おやつ作戦】です!

おやつ作戦

  1. 「お散歩に行くよ」とリードを見せる
  2. リードをつけてからおやつを与える(※「リード=おやつ=良いこと」と意識づけられるので、リードが苦手な子にもおすすめです。)
  3. 歩かない・止まったらおやつを見せる(※おやつに興味がない子は、音のなるおもちゃなどを利用してください。)
  4. おやつにつられて歩き出したら、おやつを与えて「いい子」と褒める
  5. 苦手を克服できるまで繰り返し行う


先ほどご紹介した原因別の対処法やおやつ作戦など、根気強く対応することが大切です。
1ヵ月以上かかることもあるので、愛犬と一緒に取り組んでみてくださいね!このように「お散歩=おやつ=良いこと」に繋げながら、徐々に散歩に慣れるようにしていきましょう!

犬にとって散歩は心と体の健康そのもの!

犬 散歩

“ 小型犬は散歩はいらない ”という人もいますが、体の大小に関わらず、犬にとって散歩は健康のバロメーターです!

犬を飼う時は 小型犬も散歩が必要 ということを頭に入れて、家族としてお迎えしてくださいね。

犬にとって散歩の効果は主に4つ。

  1. ストレス解消
  2. 社会性の構築
  3. 筋力の向上
  4. 肥満対策

散歩先では、他の犬や飼い主以外の人と触れ合うことで、社会性を身につけていきます。

社会性が身についていない犬は、『物音に臆病』『人や犬に威嚇する』『留守番中に問題行動を起こす』など、犬の性格や行動に問題が生じます。

これらの問題行動は、ワンちゃんの責任ではありません。

散歩は運動という位置づけだけでなく、たくさんの犬や人と出会うことで、犬の社会性を身につける重要な役割を果たしています。

「小型犬だから」「散歩が嫌いだから」「シニア犬になったから」という理由で散歩をあきらめずに、その子に合った散歩の方法を選んであげてくださいね。

まとめ

今回は、犬が散歩を嫌がる理由と対処法・散歩の必要性についてご紹介しました。

散歩を嫌がる原因と対処法

  1. 散歩先で怖い思いをした→車や人通りが少ない散歩コースに変更
  2. 新しい環境に警戒している→慣れるまで庭や家先までの散歩
  3. 首輪が痛い→首輪は指1本が入る程度のサイズ
  4. 天気や気温→散歩の時間を過ごしやすい時間帯に変更
  5. ケガや病気→動物病院での定期的な受診
  6. 老化による体力低下→愛犬のペースに合わせた散歩

いつまでも愛犬が健康で過ごせるように、散歩が好きになる工夫を試してみてくださいね。 

ABOUT ME

いぬなび編集部
いぬなび
「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために、いぬなびは誕生しました。 各商品の原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、徹底してリアルな情報にこだわり、飼い主の皆様が安心してわんちゃんと過ごせるような正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中!

https://inunavi.jp/