ドッグフード一覧
2020.12.30

オリジン

参考価格1,430円(税込)
内容量340g

口コミ評価

3.8

オリジンの基本情報

カテゴリー
ドライフード>総合栄養食
製造地
アメリカ
サイズ展開
340g / 2.0㎏ / 5.9㎏ / 11.3㎏
特徴
#グルテンフリー #グレインフリー
ライフステージ
#全年齢 #子犬 #成犬 #老犬
シリーズ

獣医師からの評価

獣医師 藤井 ちひろ

評価
4.0

好みがわかれるかもしれませんい、かなりの高タンパク質で肉や魚の動物性タンパク質にこだわりがある様子です。腸内細菌叢も豊富に配合されているため、高価格ですが食の好みがうるさい小型犬に、試してみる価値がありそうです。

オリジンの口コミ

編集部でオリジンの食いつきを検証!

この章では、オリジンの食いつきを実際にわんちゃんに与えて検証しました!

飼い主さんから評価なども頂いているので、ぜひ参考にしてください。

検証わんこ ・・・・ りん

犬種(年齢) ・・・・ マルプー / 6歳

食いつき度 4点

感想

比較的良い。オリジンをメインとして、オリジン⇔ナチュラルハーベストを食いつきを見ながらローテンションしている。

オリジンの1ヶ月あたりの値段

下記のフォームに、「小数点第一位(例:5.0kg)までの体重」を入力し、「愛犬のライフステージ」を選択頂くと、オリジンの1ヵ月にかかる値段が自動で算出されます。

1ヶ月あたりの値段

オリジンの原材料を徹底分析!安全性や特徴は?

原材料一覧

(商品名:オリジン オリジナル)新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮丸ごと大西洋カレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート全卵、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとグリーンピース、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとシロインゲン豆、丸ごとヒヨコ豆、レンズ豆繊維、鶏肉脂肪、天然鶏肉風味、ポロック油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、フリーズドライ鶏レバー、乾燥ケルプ、亜鉛タンパク化合物、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、丸ごとリンゴ、丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、チアミン硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、銅タンパク化合物、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

特徴的な原材料

Goodな原材料

腸内環境サポート成分
"豊富な乳酸菌で腸内環境を良好に"

腸内環境を良好に保つことで、必要な栄養をしっかり吸収し不要な老廃物をためこなまない体づくりができます。

毛並みや涙やけの改善に役立ち、免疫力のアップにも効果的です。
(※原材料詳細:乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物)

グルコサミン・コンドロイチン
"関節のケアに欠かせない栄養素"

グルコサミン・コンドロイチンは、軟骨の形成を促進し関節の動きをスムーズにしてくれる成分です。

活動的な成犬期初期からシニアに差し掛かる成犬期後期まで欠かせない栄養素です。

オリジンオリジナルではどちらも1kgあたり600mgとドッグフードに配合されている量としてはなかなかのもの。また、配合量まで明記しているフードはあまり多くないので信頼できますね

丸ごと赤レンズ豆、丸ごとピント豆など
"低GIだから血糖値を気にする愛犬にも"

オリジンの炭水化物源は、食後の血糖値の上昇が穏やかな低GI食材のみ。

低GIの食品は血中コレステロールを低下させる働きがあり、腹もちもよく太りにくいのでダイエット中のわんちゃんにもおすすめです。

オリジンの成分を分析!安全性や特徴は?

成分一覧

成分名
たんぱく質 38%以上 (高い)
脂質 18%以上 (高い)
繊維 4%以下 (普通)
水分 12%以上 (ドライ)
灰分 -
オメガ3/6 0.8/-
カロリー 394kcal (高め)

成分の特徴

食いつきには期待できる!しかし、体重管理に注意

・脂肪が一般的なドライフードの中で「高め〜高い」
・カロリーが一般的なドライフードの中で「高め〜高い」

脂質が多いと一般的に嗜好性が増すため、食いつきの良さに期待できますが、同時にカロリーも高くなってしまいます。

運動不足や消費カロリーを上回るカロリー摂取は肥満の原因にもなるため与えすぎには注意しましょう。

また、脂質は消化に時間がかかるため、お腹のトラブルが多いこには少量ずつ試してみることをおすすめします。

痩せ気味のわんちゃんやドッグスポーツを頻繁するわんちゃんにおすすめ

・タンパク質が一般的なドライフードの中で「高め〜高い」
・カロリーが一般的なドライフードの中で「高め〜高い」

高タンパク・高カロリーの場合、すこしの量でたくさんの栄養を取れるというメリットがありますが、運動不足や消費カロリーよりも多く与え続けると肥満になる可能性があります。

ドッグスポーツを頻繁に行うわんちゃんや痩せ気味のわんちゃんにはおすすめです。

健康的な皮膚や被毛の維持に必要な必須脂肪酸のバランスに配慮している

・オメガ3とオメガ6が「配合されている」
・もしくはオメガ3の割合がオメガ6よりも「少なめ」

皮膚や被毛の健康維持に必要とされている必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸がどちらも配合されています。

そのため、愛

犬の免疫力を高め、美しく健康的な皮膚や被毛に配慮しているフードといえます。

アレルギーになりやすい原材料は?

オリジンに含まれるアレルギーを発症する可能性のある原材料(アレルゲン)の一覧です。

茶色く色がついているものが配合されているアレルゲンになるので、該当するアレルギーを持っている場合は避けるようにしてください。

主なアレルゲン一覧

オリジンを販売するチャンピオンペットフードの取り組み

チャンピオンペットフード 社肉類含有量の高さで有名なアカナやオリジンを製造販売している「チャンピオンペットフーズ社」の取組みは以下の通りです。

①自然に近い食事
…わんちゃんの体に負担のないよう、より自然に近いレシピになるよう研究している
②原材料はカナダ原産
…本社や工場のあるカナダの新鮮で安全な食材を主に使用
③情報の公開
…原材料の産地や生産者の情報を公式ホームページで公開している
④表記が詳細
…原材料表記を詳細に記載している
⑤安全性の高い自社工場
…安全管理システムを導入した自社工場で生産

自然豊かでわんちゃんにも優しい国であるカナダの代表的なペットフード会社です。

シリーズ情報

オリジンは、全7種類ドライフードの他に、1種類のフリーズドライフード全9種類のトリーツが販売されています。

オリジンのドッグフードは、全ての種類において6種類のタンパク質が配合されています。様々な年齢、体型、主原料で展開しているため、わんちゃんの好みや体質の合わせて選ぶことができます

オリジンのシリーズ情報を詳しく見る

▼オリジンドッグフード全7種類の特徴
・パピー:小型犬の子犬用。主原料は、鶏肉と七面鳥肉(ともにレバー・心臓・軟骨など)・イエローテイルカレイ・全卵・サバ・ニシン。
・パピーラージ:大型犬の子犬用。主原料は、鶏肉と七面鳥肉(ともにレバー・心臓・軟骨など)・イエローテイルカレイ・全卵・サバ・ニシン。
・オリジナル:全年齢対応。主原料は、鶏肉と七面鳥肉(ともにレバー・心臓・軟骨など)・イエローテイルカレイ・全卵・サバ・ニシン。
・シニア:シニア犬用。主原料は、鶏肉と七面鳥肉(ともにレバー・心臓・軟骨など)・イエローテイルカレイ・全卵・サバ・ニシン。
・6フィッシュ:全年齢対応。主原料は、サバ・ニシン・カレイ・アカディアンレッドフィッシュ・アンコウ・シルバーヘイク。
・レジオナルレッド:全年齢対応。主原料は、アンガスビーフ・イノシシ肉・ボーアヤギ肉・ロムニーラム肉・ヨークシャー豚肉・サバ。
・フィット&トリム:体重管理が必要な犬、肥満気味の犬。主原料は、鶏肉・七面鳥・タラ・全卵・アブラガレイ・ニシン 。

▼オリジンフリーズドライ(1種類のみ)
アダルトドッグ

▼オリジントリーツの全9種類一覧
・オリジナル / 6フィッシュ / レジオナル / ツンドラ / ビーフレシピ / バイソンレシピ / ボアレシピ / ダックレシピ / ラムレシピ

【注意】オリジンのトリーツは、オリジン公式サイトでは9種類販売されていますが、オリジンジャパン(日本の正規販売店)では「6フィッシュ」のみの販売でした。Amazonでも販売はありませんでしたが、公式通販サイト「GREENDOG」では「ワイルドボア」も販売していました。(※2020年11月調査時点)

 

オリジンに関するQ&A

Q1.

オリジンの給餌量は?

A.

オリジンの給餌量は、わんちゃんの体重やライフステージによって異なりますが、2kgの成犬で約28gです。愛犬にあった給餌量の計算方法は別記事「ドッグフードの正しい与え方」をご覧ください。

Q2.

オリジンの賞味期限と保存方法は?

A.

開封後、酸化を防ぐために密閉し冷暗所で保管し、2週間程度で使い切るようにしましょう。開封前であれば半年〜1年程度保存が可能です。

Q3.

オリジンは涙やけや下痢に効果がある?

A.

オリジンは、タンパク質量が高く抗酸化作用のある食材を多く含むため、涙やけの予防に効果的です。しかし、犬の下痢を予防する繊維質量などは一般的ドッグフードと同程度のため、下痢の予防に効果的とは言えません。また、涙やけや下痢は水分不足やアレルギーなど別要因の場合も多いので、食事以外のケアにも注意しましょう。

Q4.

オリジンの販売場所は?

A.

一部のペットショップやトリミングサロン、各種ネット通販で販売されています。

Q5.

お試しサンプルはある?

A.

30〜50gの無料サンプルが各種正規販売店に用意されているので、お問い合わせください。

オリジンに似たフードを見つける

produc1

ウェルネスドッグフード

produc1

モグワン

produc1

レガリエ

produc1

ブッチ

produc1

このこのごはん

2,035円(税込)
4,356円(税込)
6,028円(税込)
1,430円(税込)
3,850円(税込)
800g
1.8kg
850g
800g
1.0kg
このフード
をみる
このフード
をみる
このフード
をみる
このフード
をみる
このフード
をみる

オリジンの口コミ一覧

口コミを投稿する

名前
必須

※サイトに掲載される名前になります。

犬種
必須
犬の年齢
必須
満足度
必須

口コミに関連するキーワードを最大3つまでお選び下さい。

必須

口コミタイトル

必須

口コミ本文

必須

現在の文字数 : 0