【獣医師監修】皮膚病ケアにおすすめのドッグフード人気ランキング10選|アレルギーを予防できるフードは?
ランキング
2020.07.21

【獣医師監修】皮膚病ケアにおすすめのドッグフード人気ランキング10選|アレルギーを予防できるフードは?

皮膚病を予防するドッグフードや、食物アレルギーを回避するドッグフードを与えたい」と考える愛犬思いの飼い主さんはきっと多いはず。

たとえ今は皮膚に関するトラブルがなかったとしても、将来愛犬が皮膚病やアレルギーで苦しむ姿は見たくないですよね。

そこで今回、いぬなびでは全135商品の中から、皮膚病やアレルギーの予防におすすめのドッグフードはどれなのか徹底調査

皮膚の痒みや痛みといったトラブルを回避する上で重要なポイントも解説するので、犬を飼っている飼い主さんは必見です!

【皮膚病におすすめのドッグフードランキングTOP5】

1位:ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用白身魚
いぬなびイチオシ!主原料は魚!グレインフリーでしかも肉類も不使用

2位:ロータス グレインフリー アダルト ダック
旨みを閉じこめた鴨肉が主原料のフード

3位:モグワン
人工添加物不使用!栄養豊富な原材料に注目

4位:ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム
ダイエット中のわんちゃんにもおすすめ!

5位:アカナ レジオナル パシフィカドッグ
高品質な魚を使用した高タンパクフード!

→皮膚病におすすめのドッグフードランキングTOP15を見る

この記事の監修者

獣医師 藤井 ちひろ
獣医師 ( Rose Rose Animal Clinic 院長 )/ペット栄養管理士/ペットフード販売士/ペット食育上級指導士。北海道帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業。「動物と飼い主にもっと寄り添った医療」を目指し、令和2年2月2日 Rose Rose Animal Clinic を千葉県に開業。※ドッグフードなどの商品掲載部分の監修は除く

犬の皮膚病予防やアレルギー予防に良いドッグフードとは?

お尻を上げるフレンチブルドッグ

犬の健康を大きく左右するドッグフード。毎日食べるものなので、できるだけ質の良いフードを与えて、皮膚病になってしまったりアレルギーによって痒がったりするなどのトラブルを回避できたら嬉しいですよね。

まずは、皮膚病やアレルギー予防をしたい人にぜひ覚えておいてもらいたいポイントをいくつか紹介していきます。

食事によって皮膚病やアレルギーは予防できるの?

犬の皮膚病やアレルギーは、大きく分けて以下3つに分類することができます。

  1. アレルギー(食べ物、ハウスダスト、植物など)によるもの
  2. 寄生虫(ツメダニ、ヒゼンダニなど)によるもの
  3. カビ・細菌(ブドウ球菌、真菌など)によるもの

1~3のうち、食事を改善することによって予防できるのは1のみです。
アレルギーと一口に言っても食物アレルギーだけでなく、特定の植物やハウスダストが原因でアレルギー反応が出る子もいます。

食事で対応できるのは、食事が原因で起こるトラブルやアレルギーのみ。季節問わず痒がったりする場合も食事によるアレルギーの可能性がありますよ。それ以外の原因によるアレルギーは他の対策をとっていきましょう。

食事に気をつければ100%予防できるの?

食物アレルギーや食事による皮膚トラブルを予防したい場合、フードを工夫することにより、ある程度の予防はできます。

しかし、フードだけで100%予防できるわけではありません。体質によって苦手な食べ物(成分)も変わってくるため、素人判断だけでは完璧予防することは難しいでしょう。

動物病院に行けば、

「皮膚に問題があるかどうか」
アレルゲン(アレルギーの原因になる可能性がある成分)は何か

などを詳しく調べてもらえます。適切な予防策も相談できるので、心配な方はかかりつけの病院に相談してみるのがおすすめです。

また、皮膚病や食物アレルギーを起こしやすい犬種は、日頃の予防やケアを徹底しておくのが好ましいといえます。 

【皮膚病やアレルギーになりやすい犬種】

  • ゴールデンレトリバー
  • 柴犬
  • シーズー
  • フレンチブルドッグ
  • パグ
  • ダルメシアン
  • ウエストハイランドホワイトテリア

フレンチブルドッグやパグといった顔にしわがある影響で汚れが溜まりやすい犬種は
食事によるケアだけでなく、こまめに顔を綺麗にしてあげるといった対策も重要です。

また、アトピー性皮膚炎を起こしやすいゴールデンレトリバーや柴犬、シーズー、ダルメシアン、ウエストハイランドホワイトテリアなどは、皮膚のバリア機能を維持してくれる栄養などを摂取することが大切といえます。

どんな食材だとアレルギー反応が出やすい?

犬によってアレルギー反応が出る食材は異なりますが、中でも以下の食材はアレルギーが出やすい食材として知られています。 

【アレルギーが起きやすい食材】

小麦
大麦
トウモロコシ
大豆
鶏卵
チキン
ビーフ
チーズ
バター
ホエイ
カゼイン
脱脂粉乳

これらの食材を与えたら絶対にアレルギー反応が起きるというわけではありませんが、注意しておくことに越したことはありませんよ。

また、長年食べて蓄積された食べ物(成分)でもアレルギー反応は起こりやすいため、小麦やビーフといった「色んなフードによく含まれている食材」はアレルギーの原因になりやすいといえます。

犬の皮膚病やアレルギー予防に良いドッグフードの選び方


ここからは、犬の皮膚病やアレルギー予防をしたい飼い主さんに向けたドッグフードの選び方を紹介していきます。

①総合栄養食かどうかチェック!

ドッグフードには総合栄養食、副食、療法食などさまざまな種類がありますが、「総合栄養食」と記載されているフードの中から選ぶことが最初のポイントです。

【ドッグフードの種類】

  • 総合栄養食
    :主食として与えるフード。犬に必要な適量の栄養が含まれている。
  • 副食
    :おかずとして与えるフード。基本的に副食だけでは必要な栄養は補えない。
  • 療法食
    :特定の病気や症状を改善させるために食べるフード。

「皮膚病やアレルギー予防をしたいのだから、療法食にすべき?」と思っている人もいるかもしれません。しかし療養食は何らかの症状が出てしまった後、動物病院で指示をもらった場合にのみ食べさせるフード。

「症状が出ている状態」ではなく「予防」の段階なら、総合栄養食を与えるようにしましょう。総合栄養食にもさまざまな種類があり、皮膚のケアやアレルギー対策に特化した商品も販売されていますよ。

②原材料をチェック!

原材料をチェックドッグフードのパッケージや公式サイトをチェックすると、必ずその商品の原材料が記載されています。

原材料をチェックして皮膚病への対策をしてきましょう。

タンパク質が多めのフードを選ぼう

タンパク質人間だけでなく、犬にとってもタンパク質は非常に重要な栄養であることが分かっています。体内のあらゆる臓器や部位を構成する際にタンパク質を必要とし、犬の成長や発達に欠かせない成分です。

また、タンパク質の摂取は免疫力の向上にも繋がるため、皮膚病やアレルギーに負けない強いからだを作る上でも必要とされています。

油の質を見極めよう

油(オイル)ドッグフードのなかには、使用している油の詳細を記載していない商品も数多く存在します。特に「動物性油脂」「動物性脂肪」といった記載しかされておらず、どのような食材の油を使用しているのか不明瞭なものは、質の悪い油が含まれている可能性も…。

酸化が進行してしまっている質の悪い油によって、皮膚病や食物アレルギーを起こすケースもあるため、油の質を見極めることも重要なポイントです。

良質な油を使用しているドッグフードは、原材料に自信があるので以下のように”何の油を使っているのかハッキリと分かる書き方”をしている傾向にあるのでチェックしておきましょう。

【油のOK表記】

  • サーモンオイル
  • ひまわり油
  • 亜麻仁油
  • 鶏油
  • 動物性油脂(○○)
  • 動物性脂肪(○○)
    ※○○の部分=使用した動物や魚の名称

アレルギーになりやすい食材を確認しよう

アレルゲン原材料の中には、皮膚トラブルやアレルギーを引き起こしやすいともいわれている食材がいくつかあります。

【アレルゲンになりやすい食材】

とうもろこし
小麦
乳製品
鶏肉
鶏卵
ラム肉
大豆
牛肉

もちろん、上記の原材料を食べたら絶対にアレルギー反応が出るというわけではありません。これらの原材料が含まれているフードを食べても、全く平気という犬はたくさんいます。

ただ、体質によってはアレルギー反応を起こす子もいるため、フードを選ぶ際は念頭に置いておきましょう!

③対応年齢や大きさをチェック!

犬フードを選ぶ際は必ず愛犬の年齢やからだの大きさに合った商品を選びましょう。

多くのドッグフードは「小型犬用」「大型犬用」といった体の大きさ、「子犬用」「成犬用」といった対象年齢、もしくは「全年齢・全犬種対象」などの記載があります。

どんなに質の良いドッグフードでも、愛犬のからだの大きさや年齢と合っていないフードを与えてしまうと栄養が偏ってしまったり、栄養不足などに陥ってしまったりする場合があるので注意してくださいね。

犬に必要な栄養の基準を提示している「AAFCO」では、各ライフステージに必要とされる栄養を公表しています。

【AAFCOが提示している犬に必要な栄養量】

  タンパク質 脂質 カルシウム
子犬 22.5%以上 8.5%以上 1.2~1.8%以上
成犬 18.0%以上 5.5%以上 0.5~1.8%以上
老犬 18.0%以上 5.5%以上 0.5~1.8%以上

ドッグフードを選ぶ際は、ぜひAAFCOが提示している数値も意識してみることをおすすめします。

④必須脂肪酸が表記されているかチェック!

オメガ皮膚病やアレルギー予防を意識しているのであれば、皮膚や被毛をケアしてくれる成分、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が入っているフードを選びましょう。

皮膚の炎症を抑える効果をもち、皮膚や被毛の健康を維持するうえで必要な栄養です。加えて犬の体内では作り出すことができない成分なので、フードなどの食事から積極的に摂取することをおすすめします。

ドッグフード132種類を編集部で徹底調査!

成分調査以上の選び方を踏まえた上で、皮膚病やアレルギーの予防におすすめできるドッグフードを紹介していきます。

今回いぬなび編集部では、132種類のドッグフードの成分調査やアンケート調査を行い、各商品を100点満点で採点。結果を元に★5段階で評価しました。

【採点配分】

成分調査:80点満点
アンケート調査:20点満点

具体的にどのような調査を行ったのか、それぞれ解説していきます。

検証①:成分調査(80点)

ドッグフード検証

先ほど紹介した選び方を元に、いぬなびでは以下5つの基準でドッグフードをそれぞれ採点しました。

1.高タンパク質の商品を【10点満点】で評価

2.持ち点10点とし、アレルゲンになりやすい食材や添加物が2つ以上入っているごとに【-5点】

3.明確でわかりやすい表記をしている場合は、肉の種類【+10点】、油の種類【+10点】

4.AAFCOの成犬基準をクリアしている商品は【+5点】

5.持ち点20点とし、オメガ3脂肪酸かオメガ6脂肪酸のどちらか1種類しか入っていない場合は【-10点】どちらも入っていない場合は【0点】

以上80点満点で採点を行い、評価をしています。

検証②:アンケート調査(20点)

調査対象となったドッグフードを与えたことがある飼い主さん1,000人に以下2項目のアンケート調査を行い、点数をつけています。

【アンケート調査の内容】

①満足度を1~5段階で評価してもらい、平均満足度を算出【15点】
②継続年数を回答してもらい、1年以上なら【5点】

以上20点満点で評価をしています。

皮膚病やアレルギー予防におすすめドッグフード15選

それでは、皮膚病やアレルギーの予防効果を期待できるおすすめのドッグフードを紹介していきます。

「早いうちから皮膚病やアレルギーの対策を考えておきたい」という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

1位 ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用白身魚|1,890円/800g

総評価    :4.56
成分分析   :75点/80点
アンケート結果:16.1点/20点
総合     :91.1点

ウェルネス

主原料は魚!グレインフリーでしかも肉類も不使用

 
1歳以上の成犬を対象にしたウェルネスのグレインフリードッグフードが、見事第一位に輝きました!

米や小麦といったグルテンを含む食材を一切使用していないだけでなく、肉類も一切使用していないため、あらゆる食物アレルギーに対応しているフードです!

「食物アレルギーではないけど、うちの子はグルメで魚しか好まない…」といった場合でも、わんちゃんにも気に入ってもらえる可能性大。皮膚病やアレルギー対策に注目の商品ですよ。

1日あたり 408円
対応年齢 成犬
粒の大きさ 14mm
サイズ展開 800g/1.8kg
原産国 アメリカ
主原料 白身魚、じゃがいもなど
カロリー 約356cal/100g
たんぱく質 26%以上
脂質 12%以上
ミネラル 8.0%以下

Amazon楽天

2位 ロータス グレインフリー アダルト ダック|3,080円/800g

総評価    :4.46
成分分析   :70点/80点
アンケート結果:19.3点/20点
総合     :89.3点

ロータス

旨みを閉じこめた鴨肉が主原料のフード

1歳以上が対象のロータスのグレインフリーフードは、ダック(鴨肉)を主原料にした高タンパクな商品。

ダックミールが使用されていますが、公式サイトをチェックしたところ粗悪な副産物は使用していないとの説明があるため、高品質なダックを使用したミールであることが分かります。

また、ロータスはオーブンで焼いて旨みを閉じ込める「オーブンベイク製法」という手法を用いて作られています。一粒一粒に旨みが詰まっており、嗜好性も高い商品です。

1日あたり 740円
対応年齢 成犬
粒の大きさ 7㎜〜10㎜
サイズ展開 800g
原産国 カナダ
主原料 ダック、ダックミール
カロリー 約327cal/100g
たんぱく質 27%以上
脂質 12%以上
ミネラル 8.46%以下

ロータスの口コミをもっと見る

Amazon楽天

3位 モグワン|4,356円/1.8kg

総評価    :4.42
成分分析   :70点/80点
アンケート結果:18.4点/20点
総合     :88.4点

モグワン

人工添加物不使用!栄養豊富な原材料に注目

モグワンは、チキンやサーモンをメインに使用しているグレインフリーのドッグフードです。チキンはイギリス産、サーモンはヨーロッパ産のものを使用しています。

リフレッシュ効果のある成分を含んだココナッツオイルや、ミネラルやオメガ3脂肪酸を含んだ海藻類も原材料として使用されており、栄養豊富な食材がたくさん詰まっているのが特徴です。

人工添加物も使用されていないため「添加物による悪影響が不安…」と感じている飼い主さんにもおすすめです!

1日あたり 419円
対応年齢 全犬種・全年齢対応
粒の大きさ 8〜10㎜
サイズ展開 1.8kg
原産国 イギリス
主原料 チキン、サーモン
カロリー 約363cal/100g
たんぱく質 30.0%以上
脂質 12.0%以上
ミネラル 8.0%以下

モグワンの口コミ評判をもっと見る

公式サイト

4位 ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム|3,190円/1.59kg

総評価    :4.41
成分分析   :70点/80点
アンケート結果:18.3点/20点
総合     :88.3点 
ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム

ダイエット中のわんちゃんにもおすすめ!

 
ナチュラルハーベストのプライムフォーミュラ シュープリームも、グレインフリーのドッグフード。

カロリーが低く、タンパク質を豊富に含んでいるワイルドボアー(イノシシ)を主原料としているため「皮膚病やアレルギー対策だけでなく、ダイエットもさせたい」と考えている飼い主さんにはうってつけです!

1日あたり 384円
対応年齢 成犬、老犬
粒の大きさ 約0.7~1.0mm
サイズ展開 100g/1.59kg
原産国 アメリカ
主原料 ワイルドボアー、ターキーなど
カロリー 約329cal/100g
たんぱく質 25.0%以上
脂質 10.0%以上
ミネラル 7.0%以下

→ナチュラルハーベルトの口コミ評判を見る

Amazon楽天

5位 アカナ レジオナル パシフィカドッグ  |6,380円/2kg

総評価     :4.40 
成分分析    :65点/80点
アンケート結果 :17.9点/20点
総合      :87.9点

アカナ レジオナル パシフィカドッグ

高品質な魚を使用した高タンパクフード! 

天然で高品質な素材を使用していることで有名なアカナシリーズ。そのアカナシリーズのひとつであるパシフィカドッグは、ニシンやイワシ、カレイといった魚を使用している魚好きの犬にはぜひおすすめしたいドッグフードとなっています。

ちなみに、すでにアレルギーをもっている場合は、単一タンパク源 (動物性たんぱく質が1種類しか入っていないもの)を採用しているシングルシリーズがおすすめです。

1日あたり 521円
対応年齢 全犬種・全年齢対象
粒の大きさ 13㎜
サイズ展開 340g/2kg/6kg/11.4kg
原産国 カナダ
主原料 新鮮丸ごと太平洋ニシン、新鮮丸ごと太平洋イワシ
カロリー 約385cal/100g
たんぱく質 35.0%以上
脂質 17.0%以上
ミネラル 7.0%以下

→アカナの口コミ評判を見る

公式サイト

6位 フィッシュ4ドッグ(ファイネスト)サーモン|3,388円/1.5kg

総評価    :4.35 
成分分析   :75点/80点
アンケート結果:12.0点//20点
総合     :87.0点

フィッシュ4ドッグ サーモン

グレインフリーで無添加!高品質な食材にも注目

フィッシュ4ドッグのサーモン味は、グレインフリーでなお且つ、無添加のドッグフードとなっています。

サーモンのほかに、ミネラルや食物繊維が豊富なポテトも多く含まれているのが特徴です。

サーモンミールが使用されていますが、フィッシュ4ドッグはヒューマングレード(人間が食べられる高品質な商品)となっているため、質の良いミールを使っていることが想定できる点も好印象です。

1日あたり 409円
対応年齢 全犬種・全年齢対応
粒の大きさ 小粒~大粒
サイズ展開 400g/1.5kg/3kg/6kg/12kg
原産国 イギリス
主原料 サーモン、ポテト
カロリー 約347cal/100g
たんぱく質 26%
脂質 12%以上
ミネラル 7.5%

→フィッシュ4ドッグの口コミ評判を見る

Amazon楽天

7位 プラペ ターキー & クランベリー|4,180円/2.0kg

総評価    :4.35
成分分析   :75点/80点
アンケート結果:12.0点/20点
総合     :87.0点プラぺ

高タンパクで尿路結石予防にも効果的!

プラペのターキー&クランベリーは、ターキー(七面鳥)を多く使用したドッグフードです。ターキーは鶏肉よりも高タンパク。タンパク質を積極的に摂らせたい飼い主さんにもおすすめできます。

また、原材料のひとつであるクランベリーは、尿路系の病気にも効果的といわれているため、皮膚病やアレルギー以外の病気も一緒に予防できるのは嬉しいですね!

1日あたり 329円
対応年齢 全犬種, 全年齢対応
粒の大きさ 5~15mm
サイズ展開 500g/1kg/3kg
原産国 イギリス
主原料 七面鳥、サツマイモ
カロリー 約400cal/100g
たんぱく質 30%以上
脂質 10%以上
ミネラル 5%以下

→プラぺの口コミ評判を見る

公式サイト

8位 ナチュラルバランス ホールボディヘルス|3,300円/1.82kg

総評価    :4.32 
成分分析   :70点/80点
アンケート結果:16.4点/20点
総合     :86.4点

ナチュラルバランス

ヘルシーで高タンパクなグレインフリーフード

ナチュラルバランスのホールボディヘルスは、小麦やトウモロコシのほかに、乳製品や卵、大豆といったアレルゲンになりやすいさまざまな食材を使用していない、グレインフリーのドッグフードです。

主原料は鶏肉となっているため、高タンパクでヘルシーな食生活が好ましい子にもうってつけのフードですね。

1日あたり 316円
対応年齢 全犬種, 全年齢対応
粒の大きさ 小粒7mm~8mm 中粒10㎜〜12㎜
サイズ展開 300g/1kg/2.27kg/5.45kg
原産国 アメリカ
主原料 鶏肉、玄米
カロリー 約361cal/100g
たんぱく質 23%以上
脂質 13%以上
ミネラル 1.2%以上

→ナチュラルバランスの口コミ評判をもっと見る

Amazon楽天

9位 ウェルネスコア(高タンパク質・穀物不使用) 成犬用(1~6歳)オーシャンフィッシュ|2,178円/800g

総評価     :4.31 
成分分析    :75点/80点
アンケート結果 :11.1点/20点
総合      :86.1点
ウェルネスコア

主原料は魚のみ!しかも高タンパクなフード!

成犬を対象としたウェルネスコアのオーシャンフィッシュは、高タンパクで消化によい白身魚を使用したグレインフリーのドッグフードです。

今回紹介しているドッグフードの中でも、かなり高タンパクなフードとなっているため「皮膚病やアレルギー対策だけでなく、タンパク質も積極的に摂らせたい」と考えている飼い主さんは必見です!

1日あたり 481円
対応年齢 成犬
粒の大きさ 粒の大きさ
サイズ展開 800g / 1.8kg/5.4kg
原産国 アメリカ
主原料 白身魚、ニシンミール
カロリー 約356cal/100g
たんぱく質 34%以上
脂質 15%以上
ミネラル 10%以下

ウェルネスコアの口コミ評判をもっと見る

Amazon

10位 ソリッドゴールド フントフラッケン|2,926円/3kg

総評価    :4.10 
成分分析   :65点/80点
アンケート結果:17.0点/20点
総合     :82.0点

ソリッドゴールド

アレルゲンになる可能性が低いラム肉を使用

ソリッドゴールドシリーズのフントフラッケンは、ラム肉を贅沢に使ったドッグフードです。

鶏肉や牛肉などと比較をすると、ラム肉はアレルギーを起こす確率は低いとされているのが特徴。皮膚病やアレルギー予防をしたい子だけでなく、すでにチキンアレルギーやビーフアレルギーをもっている子でも安心して食べることができますよ。

1日あたり 202円
対応年齢 成犬、老犬
粒の大きさ 9mm
サイズ展開 1kg/3kg
原産国 アメリカ
主原料 ラム、ドライラム
カロリー 約388cal/100g
たんぱく質 30.0%以上
脂質 18.0%以上
ミネラル 8.6%以下

Amazon

ドッグフードの検証結果比較

画像 ウェルネス ロータス モグワン ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム アカナ レジオナル パシフィカドッグ フィッシュ4ドッグ サーモン プラぺ ナチュラルバランス ウェルネスコア ソリッドゴールド
名前 ウェエルネス ロータス モグワン ナチュラルハーベスト アカナ フィッシュ4ドッグ プラペ ナチュラルバランス ウェルネスコア ソリッドゴールド
特徴 1,890円/800g 3,080円/800g 4,356円/1.8kg 3,190円/1.59kg 6,380円/2kg 3,388円/1.5kg 4,180円/2.0kg 3,300円/1.82k 2,178円/800g 2,926円/3kg
作品詳細 白身魚、じゃがいも ダック、ダックミール チキン、サーモン ワイルドボアー、ターキー 新鮮丸ごと太平洋ニシン、新鮮丸ごと太平洋イワシ サーモン、ポテト 七面鳥、サツマイモ 鶏肉、玄米 白身魚、ニシンミール ラム、ドライラム
一日あたりの値段 408円 740円 419円 384円 521円 409円 329円 316円 481円 202円
購入サイト Amazon
楽天
Amazon
楽天
公式サイト Amazon
楽天
公式サイト Amazon
楽天
公式サイト Amazon
楽天
Amazon Amazon

すでに皮膚病や食物アレルギーをもっている場合はどうする?

犬 質問今回は皮膚やアレルギーの予防に役立つドッグフードを紹介しましたが、すでに皮膚病や食物アレルギーにかかっているわんちゃんもいますよね。

そのような場合は今回紹介した商品を試す前に、まずは皮膚病やアレルギーについて診察してもらった病院で、どのようなドッグフードを与えるべきか相談してください。

獣医さんに相談をすれば、病院で取り扱っているおすすめの療法食や、愛犬の体質に合ったドッグフードを知ることができますよ。

フード以外の皮膚病予防やアレルギー予防も重要!

注意、ポイント皮膚の痒みや痛み、被毛のトラブルなどを予防したいのであれば、食事以外の対策も非常に重要です。皮膚病と食物アレルギー、それぞれどのような対策をとるべきか確認していきましょう。

皮膚病予防をする上で重要なポイントは?

おすわりの3つのコツ
犬の皮膚病と一口にいっても、さまざまな原因があります。ノミやマダニ、日頃の被毛のケアの不足やストレスなど、犬によって皮膚病になってしまう要因は異なるのです。

これらの原因をできるだけなくすために、以下の3つのポイントを日頃から意識しましょう。

  • シャンプーやブラッシング
  • ノミやマダニの駆除
  • ストレスをためさせない

散歩などで付着してしまう可能性があるノミやマダニ。また、室内のカーペットや布団が原因のハウスダストやチリダニがアレルゲンになってしまうこともあります。これらを予防するには定期的に駆除薬を与えたり、皮膚の状態に合ったシャンプーでからだを洗ったりすることが大切です。

また、ストレスが積み重なった結果、必要以上に犬がからだをかきむしってしまい、皮膚の痒みや痛みに繋がってしまうケースもあります。日頃からストレスを貯めない生活を心がけることも重要です。

適度にお散歩へ連れていってあげたり、広い場所で思いっきり走らせてあげたり、おもちゃなどで遊んであげて、ストレスの解消を行いましょう。

食物アレルギー予防をする上で重要なポイントは?

犬の食物アレルギーを予防したいのであれば、食事以外にも以下2つのポイントを意識しましょう。

  • 体内の免疫バランスの調整をする
  • ストレスを溜めさせない

免疫力を保つことによって、食物アレルギーはある程度予防することができます。

個体差はありますが、腸内にある善玉菌とよばれる菌を増やすことによって、免疫力をキープできるといわれているため、腸内環境を維持するためにプレーンヨーグルトなどの乳製品を適量与えて、健康の維持をしましょう。

ただし、乳製品によってアレルギー反応が出てしまう子もいるため、そのような場合は獣医さんに相談した上で、免疫力維持に繋がるサプリメントなどを与えることをおすすめします。

まとめ

犬と飼い主犬も人間と同じように、特定の物質によってアレルギーを起こしたり、皮膚病を発症してしまうことがあります。

皮膚のトラブルが起きてしまう原因は体質によって異なるため、今回紹介したドッグフードを食べれば絶対に皮膚病やアレルギーを回避できるというわけではありません。

しかし、皮膚病や食物アレルギーにかかりにくくする食事や生活を心がけることはできるので、本記事の内容をぜひ参考にしていただけたら幸いです♪

ABOUT ME

いぬなび編集部
いぬなび
「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために、いぬなびは誕生しました。 各商品の原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、徹底してリアルな情報にこだわり、飼い主の皆様が安心してわんちゃんと過ごせるような正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中!

https://inunavi.jp/